矯正歯科での代表的な治療法

矯正歯科での治療法にはさまざまな方法がありますが、その中でもワイヤー矯正は治療法の特徴により矯正歯科の代表的な治療法です。歯にブラケットという装置を取り付けます。これは四角い形のもので、治療中はしっかりと歯に設置でき、治療を終えると歯を傷つけることなく外すことができる、特殊な接着剤で歯面に固定します。それにワイヤーを通してワイヤーの力で歯を少しずつ動かしていく方法です。特徴は重度な症例にも対応できることです。抜歯して歯を動かすスペースを確保すれば、困難な症例にも対応できます。また奥歯のかみ合わせも同時に治すこともできます。装着していても痛みなどの違和感を感じないので子供さんの治療にもよく使われる特徴もあります。ワイヤーの金属色が目立って気になる方には、最近は審美性が高いホワイトワイヤーのものも登場しています。ブラケットも白いセラミック製なので、遠くからだと気づかれません。期間は症状によって違ってきますがおよそ半年~3年程です。その間、歯垢が付きやすいので装着時は丁寧にブラッシングを施す必要があります。装着後は歯が元の位置に戻らないように矯正歯科で保定などのメンテナンスを行います。美しいきれいな歯並びを作る治療法です。

↑PAGE TOP