トップ / 母乳不足を加速する食事

母乳不足と餅の関係

母乳不足を加速する食事

母乳不足を加速させる食事もある

食事で母乳不足を解消したり、母乳の質を良くすることが可能ですが、逆に母乳に悪い食事というのもあります。普段の食生活があまり良くない人は、それが母乳不足を加速してしまっている可能性が高いです。

普段の食生活は血液の状態に大きな影響を与えます。母乳は血液から作られるため、普段の食生活が母乳の質に影響するのです。

チョコレートやケーキなどが好きな女性は多いでしょう。甘いお菓子などをよく食べるという女性も多いかと思います。しかし、授乳中はそういったものはあまり食べ過ぎないように注意しなければなりません。

油脂を多く含むものやカロリーが高いものは、血液をドロドロにしてしまいます。そうなると、ドロドロしたものになってしまうことがあります。乳腺も詰まりやすくなってしまうでしょう。

肉類の脂身や揚げ物なども血液がドロドロになりやすい食べ物です。母乳の質が悪くなり、味もあまり美味しくなくなるでしょう。野菜は健康に良さそうですが、なるべく火を通した野菜の方が望ましいです。生野菜は身体を冷やしやすくなり、血流が悪くなってしまいます。辛いカレーや香辛料などの刺激物も避けた方が無難です。

そして、アルコールやカフェインなども避けましょう。授乳期に飲酒をすると、母乳を介して間接的に赤ちゃんにアルコールを摂取させることになってしまいます。そうなると、赤ちゃんの身体や脳の発達に悪影響を与えてしまう可能性が高いです。授乳期のママさんは、禁酒をするのが望ましいでしょう。お酒を飲んでしまった場合は翌日くらいまでは、母乳を与えず粉ミルクで代用した方が無難です。

カフェインはアルコールほど深刻な影響はありませんが、寝付きが悪くなってしまうかも知れません。