トップ / 母乳不足にはバランスのいい食事

母乳不足と餅の関係

母乳不足にはバランスのいい食事

マスターしたい腰痛の予防方法

母乳不足かも知れないと思う場合は、食事を改善して良質な母乳が十分に出るようにする必要があります。食べ物があまり無かった時代には、餅を食べることで対処していた女性が多かったわけですが、餅を食べても母乳不足には、あまり効果がありません。むしろ、特定の食品に偏った食事は避けた方が無難でしょう。

母乳不足を解消するには、普段からバランスの取れた食事を心がけることが大切です。母乳は血液を原料として作られており、ママさんの栄養状態がそのまま母乳の質に反映されることになります。ママさんの栄養状態が偏っていると、母乳の質もあまり良くないものになってしまうのです。

また、母乳を出すと血液も消費されて行きます。そのため、血液を作るための鉄分や葉酸などの栄養素が不足しないように気をつけなければなりません。偏った食事は避けつつも、鉄分や葉酸は多少意識して多く摂るのが望ましいでしょう。

ホウレンソウや小松菜を使った料理なら、鉄分や葉酸を十分に摂取することができます。炒め物や和え物などにして食べるといいでしょう。油と一緒に鉄分を摂取すると、身体に吸収されやすくなります。他にカルシウムも授乳期に不足しがちな栄養素のうちの1つです。小魚などを積極的に食べるようにしましょう。

授乳期には、普段よりも600キロカロリーほど多くのエネルギーを消費します。摂取カロリーも普段よりも増やす必要があります。体感的にも、お腹が空きやすく感じるでしょう。肉類やお菓子などで、普段よりも多くのカロリーを摂取する人もいますが、なるべくご飯を多く食べるようにした方が望ましいです。おかずも魚や大豆製品など、あっさりしたものの方が、良質な母乳を作れるでしょう。