一般的な矯正歯科治療

矯正歯科治療の一般的な方法は、専用の矯正装置にワイヤーを通し、それを調整することにより正しい歯並びへと導くという方法です。新しい治療方法に比べて、費用が抑えられているということもあり、選択する人が多い矯正歯科治療の方法と言えるでしょう。しかし、一方で、治療に用いるワイヤーが見えてしまうため、審美性を欠くとの理由から治療を躊躇する人もいます。そのような人におすすめの方法として裏側矯正という方法です。矯正歯科治療で使われるワイヤーを歯の裏側に取り付けるという治療方法であり、歯の表面にワイヤーを取り付ける場合と比べて費用が若干高く設定されている傾向にあります。治療を受けるという場合は費用はもちろん、矯正歯科治療を実施している歯科医院の技術、経験なども考慮する必要があるでしょう。一度始めると、治療期間は長期になります。転院や治療方法の変更は簡単ではありませんので、治療のメリット・デメリットを知り、矯正歯科治療を受けるようにしましょう。カウンセリングは無料で行っているところもありますので、無理なく通うことが出来る範囲にあるいくつかの歯科医院のカウンセリングを受けた上で治療方法を決めるという方法もあります。

↑PAGE TOP