目立にくい矯正歯科治療

矯正歯科での治療の代表的なものにワイヤーを使った矯正があります。これはまず歯にブラケットと呼ばれる四角い形のものを取り付けます。取り付け方は接着剤を用いて行います。しっかりと歯に固定でき、治療中に外れたりぐらついたりすることがないよう接着でき、それでいて取り外し時には、歯に傷をつけたり、接着剤の跡が残らないような特殊な接着剤を用いて固定します。そこにワイヤーを通し、ワイヤーの締め付ける力で歯を正しい位置に動かせる治療法です。治療中に痛みなどの違和感がないのと前歯と奥歯を同時に動かせることができるので矯正歯科では一番よく行う一般的な治療です。材質は金属色を使用しているものが主ですが、最近はホワイトワイヤーというものがあります。これはブラケットとワイヤーが白色で目立ちにくい特徴があるものです。金属色のものは、人と話をしたりした時に見えてしまうのが気になる方にはホワイトワイヤーはおすすめの方法です。近くに接近すると見えてしまいますが、少し離れた時は、装着していても気づかれません。治療中にも審美性を保つことができるのがホワイトワイヤー矯正の特色です。矯正歯科は治療中の違和感をできるだけ取り除く技術も進歩しています。

↑PAGE TOP